数秘術でみる相性が合う人とその理由

数秘術でみる相性が合う人

数秘術とは1~9の9つの数字であらゆるものを占うことができる方法です。数秘術では物事についても占うことができますし、人の性格や特徴、運勢、相性についても詳しく知ることができます。その中でも特に、人と人との相性や相性が合う理由についてまとめてみました。

数秘術で使う相性数とは

数秘術で相性を占う方法は誕生数(ライフナンバー)を使う方法や姓名数を使う方法など様々ありますが、ここでは相性数を割り出して2人の相性を占う方法を紹介いたします。この相性数で2人の関係を読み解くと共に、なぜ相性が良いのかについて知ることができます。相性数は占いたい人の生年月日さえ分かれば簡単に割り出すことができます。

数秘術でみる相性数の調べ方

相性数の計算方法を見ていきましょう。占いたい2人の西暦での生年月日をひとつひとつの数字に分けて合計を出します。合計が2桁になった場合にはそれぞれの数字を1~9までの数字になるまで足してください。注意点としては、相性数の計算方法は誕生数の計算方法とは違いますので、合計が11、22、33などのゾロ目になった場合でも計算を止めずに足し続けるようにしてください。

【例】1978年1月15日生まれの人と1979年12月4日生まれの人の相性

1+9+7+8+1+1+5+1+9+7+9+1+2+4=65

6+5=11 1+1=2

この2人の生年月日による相性数は「2」となります。

数秘術でみる相性が合う人とその理由

【相性数1の2人】相性がまあまあ合う2人。惹かれ合いますがお互いに自立しているので依存心はありません。高めあうことができる関係です。

【相性数2の2人】相性がとても良く合う2人。会うべくして会ったソウルメイト。何も言わなくても相手の考えていることが分かるような関係です。

【相性数3の2人】相性がまあまあ合う2人です。明るく社交性があり、お互いの交友関係をさらに広げ合うことができる関係です。

【相性数4の2人】相性がまあまあ合う2人です。リーダー的存在のこの2人が協力すればさらなるリーダーシップを発揮します。安定した関係です。

【相性数5の2人】状況によっては相性が合わない場合もある2人。いつもみんなの一歩先行く2人は時にはライバルになることも。干渉し合わない自由な関係でいれば楽に付き合うことができるでしょう。

【相性数6の2人】相性がとても合う2人。愛や希望にあふれた心を持っています。この2人は相手の幸せを一番に願います。

【相性数7の2人】相性がまあまあ合う2人。精神世界を大切にする、スピリチュアリストのこの2人はお互いに精神を磨き合うことができる関係です。

【相性数8の2人】状況によっては相性が合わないこともある2人です。上昇志向が高いので時にはぶつかりあうこともあります。同じ目標を定めると力を発揮できる2人です。

【相性数9の2人】相性がとても合う2人です。優しさやいたわり、感謝の心を忘れないこの2人はお互いに与え与えられる心地良い関係です。

数秘相性数の中で相性が合う数字は

数秘術の相性数でみる相性が合う数字とその理由についてまとめてみましたが、あなたと気になる人の相性はいかがでしたでしょうか?特に相性が合うとされる相性数は2、6、9となり、まあまあ相性が合うのは1、3、4、7でした。状況によっては相性が合わないのは2、8ですが、2の場合は干渉し合わなければ相性はわるくありませんし、8の場合は同じ目標に向かえば良い関係でいることができます。もし人間関係で悩むことがあれば、是非この相性数を参考にしていただければと思います。

数秘術
数秘術

Related Entry

数秘術でひも解く恋愛の相性鑑定

数秘術の占いによって導けるオススメのペットについて

数秘術による相性占いの数字を出す3つの方法

【ライフナンバー】5と22の相性は?恋愛も仕事も徹底解説!

ライフパスナンバーが6の人の性格と運勢

2人の誕生日の数字で相性度がわかる数秘術