数秘術占いによる別れた方がいいというメッセージ

数秘術占いとは

数秘術は古代より伝わる最強の占術。紀元前の数学者であり哲学者でもあるピタゴラスは「数秘術の父」とされています。このピタゴラスの「万物の根源は数なり」の言葉のように「全てのものは数字に関連付けられている」と言うのが数秘術占いでの考え方となります。

数秘術占いでは、ひとつひとつの数字に意味があると考えられています。例えば「1」はスタート、チャレンジ、変化、自立、独立、開拓を表す数字。「2」は1人より2人を表し、人の輪、人とのつながり、協調性、共感、愛、癒しなどを表す数字となります。

数秘術占いによる別れた方がいいというメッセージ

「恋人との関係が思わしくない」「恋人と一緒にいてもつまらない」「恋人との将来に不安を感じる」など、恋愛相手との関係に悩んでいませんか?そのような方に知ってほしいのが、数秘術占いによるある特定のナンバーです。この秘密のナンバーを『エンジェルナンバー』と言い、このナンバーを知ることにより大切なメッセージを受け取ることができます。エンジェルナンバーを知れば恋人と別れることにもポジティブなイメージを持つことができますので、是非ご一読いただければと思います。

エンジェルナンバーとは

さて、私たちが無意識のうちに受け取っている「エンジェルナンバー」と言うものをご存知でしょうか?ふと時計を見た時や通りがかった車のナンバー、レシートの合計金額やお釣りの金額、本をめくった時のページ数。これらがゾロ目や規則的な数字で、同じ数字を何度も目にすることがあれば、それはエンジェルナンバーと考えて良いでしょう。

1桁の数字でもたくさんの情報を読み取ることができますが、これらの数字がゾロ目になる場合はさらに強大なエネルギーを持つ数字となります。1が111、111、1111と増えていくことで、1桁の1よりもどんどん強いエネルギーを持った数字となっていきます。

ゾロ目や規則的な並びを持つエンジェルナンバーは、悩めるあなたに送られた天使からの強いメッセージ。天使達が数字を通してあなたに何か伝えようとしているのです。

エンジェルナンバーの種類には11、33、55、99、1010などの様々なパターンがありますが、ここで紹介させていただきたいのが恋人と別れた方がいいという意味を含むエンジェルナンバー99。次はこのナンバーの意味について詳しく見ていきましょう。

エンジェルナンバー99の意味

数秘術占いにおいて「9」は1~8までの全ての要素を含む複雑な数字とされています。9を具体的に解釈すると完結、周期の終わり、消滅、解決、カルマという意味を読み取ることができます。

もし恋人との別れを意識している人がエンジェルナンバー99を頻繁に目にするようになったらそれは「別れの時が近づいています」「別れても次の出会いがあります」という天使からのメッセージ。このナンバーを受け取ったら恋人と別れてもいいのだと考えてください。

99は別れてもいいという合図

数秘術によるエンジェルナンバーと、エンジェルナンバー99の解釈について紹介いたしました。99は数秘術において「別れてもいい」という合図となります。もしこの99が999、9999と変化していくようであれば、それは「別れの後に幸せを手に入れる準備が整いました」という天使たちからの強いメッセージとなります。99は辛い事からの脱却を示す数字でもあります。エンジェルナンバー99を味方に付けて別れをポジティブに捉えましょう。

数秘術
数秘術

Related Entry

数秘術における9つの数字の意味と相性

数秘術の占いで把握する、気をつけたい病気と健康について

数秘術占いで相性数2の2人はソウルメイト

数秘術占いで気になる男性の性格を詳しく鑑定

相性占いと基本性格

2017年下半期の数秘術占い

数秘術を使って誕生日から占う誕生数3の特徴とは