数秘術を使って探る恋人との相性を知る3つのポイント

数秘術を知っていますか?
全ての数には意味があります、自分の生まれた日や名前から、それぞれの秘密を探る数を見出すのです。
自分自身が持つ、「数」を見つけ出し、相手の「数」を知り、相性などを求めることが出来ます。
ここでは恋人同士の相性を、数秘術から探ってみましょう。

ポイント1自分の誕生数を知る

一番基礎になるのは、自分の誕生数です。具体的に誕生数を求めてみましょう。

例)
1971年11月22日の場合
1+9+7+1+1+1+2+2=24

と生年月日をバラバラにして足していきます、計算結果は“24”です
2+4=6

それをさらに分解して足します。こうして求められた数“6”が誕生数となります。

ポイント2恋人の誕生数を知る

上記の方法を使って、恋人の誕生数も求めてみましょう。自分の誕生数と、恋人の誕生数を比べて、二人の相性を分析していきます。

数秘術は数が全てです、相性などを知るには、それぞれが持つ数秘術から求められる数を、比較したりすることにより、運命を知るのです。
ここでは、恋人同士の相性を求めていきます。
二人の関係が良いのかどうか、運命の扉を開いていきます。

ポイント3具体的な相性について

1~9までの誕生数を使って、それぞれの相性を知ることができます。それぞれの誕生数的に、相性が良い相手の誕生数を紹介します。

・誕生数1を持つ方には
5、7、8の誕生数を持つ方

・誕生数2を持つ方には
2、4、6、9の誕生数を持つ方。

・誕生数3を持つ方には
3、7、8の誕生数を持つ方

・誕生数4を持つ方には
4、6、9の誕生数を持つ方

・誕生数5を持つ方には
1、3、5、7、8の誕生数を持つ方

・誕生数6を持つ方には
2、4、6、9の誕生数を持つ方

・誕生数7を持つ方には
7、9の誕生数を持つ方

・誕生数8を持つ方には
2、4、7、9を持つ方

・誕生数9を持つ方には
4、7、9を持つ方

ここで、相性が良いと出なかった人を、安易に相性が悪いという訳ではありません。
数秘術では、相性の良し悪しを計るだけではなく、お互いが干渉しあったときに、どのような反応が起こるのかを見るのです。
ここで述べたのは、数秘術的に簡単に求めたものです。
誕生数の相性が非常に良いからと言っても、かならずすべてが上手く行く訳でもないのです。
また、誕生数から良くない結果がでても、それを知ることによって、対処法を知り、お互いに補えあうこともできるのです。
ここでは誕生数の相性しか述べていませんが、もっと数秘術を知ることが出来れば、色々なことがわかります。
まずは自分の誕生数を知り、どのような相性を持っているのかを把握しましょう。
具体的に、数秘術をわかりやすく紹介するために、ちょっと駆け足になってしまいましたが、これが基礎になります。

応用として、相手の誕生数がわからない場合を考えてみましょう。
その時は、自分の誕生数から、どんな人が合うのか、自分の誕生数と数秘術を理解していけば自然と理解できるようになります。
恋人との相性だけではなく、仕事などにも利用できます。

数秘術を使って自分を深く知る

恋人と順調に愛を育んでいるときにも、逆に険悪なムードになっても、どちらの場合でも数秘術はとても参考になります。
自分がいったいどんな性格であるのか、その指針です。
数秘術を使うことによって、自分はどう歩めばいいのか、じっくりと、深く考える機会にもなるはずです。
気になる恋人との相性、それを知るのは勇気が必要なことでもあります。
数秘術はただ簡単に比べて計るものではありません。
二人でお互いの誕生数を考えてみて、二人でお互いどうしたらよいのか?
じっくり話し合ってみるのも、素晴らしいことです。

数秘術
数秘術

Related Entry

【ライフナンバー】11と22の相性は?恋愛も仕事も徹底解説!

数秘術占いによる2017年下半期の恋愛運

数秘術のソウルナンバーが示す自分の本当の願望と数字の算出方法

数秘術占いの誕生数別ラッキーカラー

数秘術の占いによって導けるオススメのペットについて

数秘術の誕生数から分かる相性の良い年の差について