数秘術の誕生数で分かる相性の良い親子関係

誕生数1の子の相性の良い親子関係

数秘術における誕生数が1の子の相性の良い親子関係は、親の誕生数が5の場合です。

誕生数1の子は冒険心に富んでいるのが特徴ですが、誕生数5の親は行動力があるので、互いに必要な行動を素早く実行することができます。

また、1の数字は不器用なところがありますが、5の数字は上手に立ち回ることが得意なので、適切にサポートすることができます。

誕生数2の子の相性の良い親子関係

数秘術における誕生数2の子供と相性が良い親子関係は、親の誕生数が3の場合です。

誕生数が2の子供は自分の意志を周囲に表明することがあまり得意ではありませんが、誕生数3の親は押しの強さを活用して、子供の気持ちを効果的にアピールすることができます。

3の数字の頑固さも、子供にとって重要な部分を譲らないための強さとして発揮されます。

誕生数3の子の相性の良い親子関係

数秘術における誕生数に3を有する子供と相性の良い親子関係は、親の誕生数が6の場合です。

誕生数が3の子は正義感が強い半面、不器用なところがあります。誕生数6の親は相手の立場を尊重することが得意なので、子供は自信を持ちやすくなります。

3と6の数字は両方とも大切にする価値観が共通しているので、お互いに同じ方向を見ながら成長していくことができます。

誕生数4の子の相性の良い親子関係

数秘術で誕生数に4の数字を持つ子供と相性が良い親子関係は、親の誕生数が5の場合です。

誕生数4の子供は繊細で優しい心を持っていますが、空気を読みすぎる一面があり、他人にいいように利用されてしまう場合があります。

誕生数5の親の強引な部分がそうした場面において良い方向に発揮されて、子供の利益を保護することにつながります。

誕生数5の子の相性の良い親子関係

数秘術において誕生数に5の数字を持つ子供と相性が良くなる親子関係は、親の誕生数が1の場合です。

誕生数が5の数字の子供は、どんな場面においても自分が中心となって活躍したがる傾向があります。

誕生数1の親も自分が1番でいたいタイプですが、子供をトップに立たせることで自分の要求も満たせるため、良い関係を続けることができます。

誕生数6の子の相性の良い親子関係

数秘術で誕生数が6の数字の子供と相性が良い親子関係は、親の誕生数が2の場合です。

誕生数6の子供は自分の欲求を表現することをためらう傾向がありますが、誕生数が2の親は、相手の言葉がなくても要望を察知することを得意としています。

お互いの価値観に共通する部分も多いので、親友のような親子関係を築きやすくなっています。

誕生数7の子の相性の良い親子関係

数秘術での誕生数が7の数字の子と相性の良い親子関係は、親の誕生数が8の場合です。

誕生数が7の子供は冷静に物事を判断することが得意ですが、行動力が十分ではなく、必要な行動も見逃してしまう場合があります。

誕生数8の親はバイタリティーがあるので、そうした部分を補って積極的に行動してくれます。

誕生数8の子の相性の良い親子関係

数秘術における誕生数が8の子供と相性が良い親子関係は、親の誕生数が4の場合です。

誕生数が8の子は高い行動力があり、どんなことでも自分から首を突っ込んでいくことが多くなっています。

誕生数4の親は安定志向で物事を考えることが得意なので、必要なことを取捨選択して上手に提案することができます。

誕生数9の子の相性の良い親子関係

数秘術の誕生数に9の数字を持つ子供の相性が良い親子関係は、親の誕生数が2の場合です。

誕生数が9の子供は感受性が強く、自分の心の中に確固たる世界観を持っている場合が多くなっています。

誕生数が2の親も感受性がありますが、自分の周囲の雰囲気を敏感に感じ取ることもできるので、子供をサポートする適正があります。

数秘術
数秘術

Related Entry

数秘術の占いで把握しておきたい、最悪の相性の組み合わせについ...

【ライフナンバー】8の人同士の相性は?恋愛も仕事も徹底解説!

簡単な計算で相性が分かる数秘術占い

【ライフナンバー】5と6の相性は?恋愛も仕事も徹底解説!

数秘術占いと組み合わせて幸運を引き寄せる大吉数について

ライフパスナンバーが1の人の性格と運勢