数秘術の誕生数から分かる相性の良い年の差について

誕生数1の相性の良い年の差

10年以上の差がある、一回り違う年齢層の人物との年の差での相性が良くなっています。世代が違うことで、普段接している情報のソースや価値観が異なり、いつでも新鮮な気分を味わうことができるようになっています。
数年程度しか違わない年の差の場合は、つい共通点に甘えてしまいがちなのであまり相性が良くありません。

誕生数2の相性の良い年の差

2年の年の差が相性が良くなっています。年上でも年下でも相性が良いのですが、この数字であることが大切です。
この誕生数は毎日をできるだけ穏やかに気楽に過ごしたい部分があります。その点、年が離れすぎていると気を遣いすぎて疲れがちです。2という数字が心地よい差になります。

誕生数3の相性の良い年の差

この誕生数においては、5つ年上の人物との相性が良くなっています。同じ年の差であっても、年下ではなく、年上であることがポイントです。
常に尊敬できるような人物との相性が良いため、自分よりも様々な経験が豊富な年上が適しています。包容力も期待することができます。

誕生数4の相性の良い年の差

3歳年上の人物との相性が良いです。この誕生日の人物は、相手のことをきちんと把握した上で、安心して交際したいという思いが強くなっています。
3歳の年の差であれば、相手の環境や価値観などが理解しやすいため、安心感を得られるようになっています。加えて年上であれば、相手を尊敬しやすくなります。

誕生数5の相性の良い年の差

この誕生数においては、自分に甘えてくれるような、4歳の年の差がある年下の人物との相性が良くなっています。
相手にとって自分は頼れる姉や兄のような存在であり、少し手が届きにくいけれど、その分憧れるようなイメージになっています。それ以上の年の差になると、世話を焼く機会が多くなって不向きです。

誕生数6の相性の良い年の差

9歳年上の相手との相性が良い誕生数です。自分の全てを暖かく包み込んでくれるような包容力がポイントになります。
この程度の年の差がある場合は、時々イライラするようなことをされても、笑って受け流してくれる余裕を身に付けているため、良好な関係が続くようになっています。

誕生数7の相性の良い年の差

この誕生数の人物は、冷静で大人びた部分が強くなっています。それによって7歳の年の差がある年上の相手との相性が良いです。
相手のほうが先に成長して大人になっていますが、様々な面で成熟している部分の多い誕生数の性質によって、意外なほどに共通点が多くなっています。

誕生数8の相性の良い年の差

この誕生数においては、1歳だけ年下の相手との相性が最も良くなっています。普段は年上としての余裕を見せつつ、弱ったときには甘えることもできます。
同い年や年上の場合は、負けず嫌いの部分が強くなってトラブルを招きがちです。また、それ以上離れた年の差の場合は、恋人よりは兄弟のように接してしまいがちになります。

誕生数9の相性の良い年の差

同い年の相手との相性が最も良い誕生数になります。他人に干渉されることを好まない性格が強いため、年の差がなく価値観が似ていることで、あまり言葉にしなくても通じることが多いのが魅力です。
余計な気遣いを必要とせず、気がついたら良いパートナーになっていることが多くなっています。

数秘術
数秘術

Related Entry

【ライフナンバー】4同士の相性は?恋愛も仕事も徹底解説!

名前から読み取る数秘姓名術の相性鑑定

あなたの性格はどんなタイプなのか数秘術を使って占いましょう

数秘術の占いで導く、自分に合った人間関係の築き方

【ライフナンバー】6と8の相性は?恋愛も仕事も徹底解説!

ローマ字で占う数秘術相性鑑定