数秘術の占いで導く、自分に合った人間関係の築き方

数秘術によって自分の性格を知ることで、人間関係においてどんな考え方をするのかの傾向を把握することができます。

自分の誕生数の対人関係における特徴を理解すれば、無理なく自分らしい関係を築くための力にすることができます。

数秘術で誕生数1の人の人間関係

誕生数が1の人は、何事においても自分にとって意味があるかどうかを重視するタイプです。自分にとって意味のない形だけの付き合いや、興味のない相手との交流は得意ではありません。

結果的に友人の数は少なくなりがちですが、興味を持った相手には誠実に接するため、少数ながら濃厚な人間関係を築くことが可能になっています。

数秘術で誕生数2の人の人間関係

誕生数が2の人は、初対面の人間にも臆することなく話しかけていきます。他人の欠点を気にしない寛容さがあるので、様々なタイプの人物とこだわりなく付き合うことができます。

相手が自分とは異なる価値観の持ち主の場合でも、それ自体を否定することなく、自然体で交流を深める能力を持っています。

数秘術で誕生数3の人の人間関係

誕生数が3の人は、何事にも動じない、どっしりとした風格を漂わせる人物になっています。安定感のあるオーラを自然に体から発しているため、周囲の人間から頼りにされる場合が多くなっています。

器の大きさを活かして、友人同士のトラブルの間に立って仲を取り持つことも得意です。

数秘術で誕生数4の人の人間関係

誕生数が4の人は、他人に対して自分を素直に表現する度量を持っています。分からないことは率直に質問し、困ったことがあれば無理をせずに助けを求めます。

その素直さによって、周囲の人から可愛がられる傾向があります。甘えることも上手なので、人間関係のトラブルも少なくなっています。

数秘術で誕生数5の人の人間関係

誕生数が5の人は、自分に絶対的な自信を持っていることから、他人から的確な意見を得た場合にも、それに耳を貸すことが難しくなっています。

本来は人間的な温かみを多く持っている人ですが、頑固さによって中々理解されないことが、人間関係における大きな特徴です。

数秘術で誕生数6の人の人間関係

誕生数が6の人は、他者をいたわる慈愛の心を多く持っていることが特徴です。それによって、周囲の人間から悩み事を相談される機会が多くなります。

相手の立場を意識しながら話を親身に聞く能力を持っているので、良き相談役として重宝され、人間関係が自然に広がっていきます。

数秘術で誕生数7の人の人間関係

誕生数が7の人は、感情を表に出すことがあまりないポーカーフェイスの持ち主です。それによって他人から距離を置かれやすい傾向があります。

もっとも、本人は基本的に人間関係にあまり関心がないタイプなので、孤独が苦にならず、1人でいる時間を楽しむことができます。

数秘術で誕生数8の人の人間関係

誕生数が8の人は、情にもろいところがあり、人の話につい感情移入してしまう傾向があります。

人の話をよく聞くだけでなく、その人のために積極的に動き回る行動力もあるので、その姿に感銘を受けた人々が周囲に集まってきます。

数秘術で誕生数9の人の人間関係

誕生数が9の人は、自分から率先して他者を引っ張っていくタイプではありませんが、独特の魅力によって人を惹き付ける力を持っています。

雰囲気だけでなく、発する言葉にも説得力があるため、周囲がピンチに陥った時に何気なく発した言葉が突破口になり、問題の解決に役立つことも多くなっています。

数秘術
数秘術

Related Entry

数秘術で知る相性のよい相手と出会うことのできる場所とは

【ライフナンバー】7と8の相性は?恋愛も仕事も徹底解説!

相性がすぐわかる数秘術のイニシャル占い

【ライフナンバー】6と9の相性は?恋愛も仕事も徹底解説!

【ライフナンバー】22の人同士の相性は?恋愛も仕事も徹底解説...

口コミで評判の高い「日本生活環境支援協会」とは?