数秘術の占いで分かる依存しやすい数字とされやすい数字

人間関係においては、時に興味を持った相手に依存してしまう場合もあります。数秘術で表すことができる誕生数を見ていくことで、自分が依存しやすい数字と依存されやすい数字の2種類について知ることができます。

誕生数1の依存の傾向

数秘術の占いで時に破天荒なことをしてしまう誕生数1の人は、どんなことでも冷静に受け止めて反応することができる誕生数6の人に依存しやすくなっています。

小さい頃から大人びている誕生数2の人から、つい構ってやりたくなる子供のような存在として、依存されやすい傾向があります。

誕生数2の依存の傾向

数秘術の占いで感受性が豊かな心を持っている誕生数2の人物は、穏やかな雰囲気の中に芯の強さを持っている誕生数6の人の存在感に惹かれて依存しやすくなっています。

自由を大切にする誕生数5の人は、自分の特性を尊重してついてきてくれる部分に魅力を感じるため、依存されやすくなっています。

誕生数3の依存の傾向

数秘術の占いで知的好奇心が高いタイプの誕生数3の人物は、本能を頼りにして物事を判断することが得意な誕生数1の特徴に惹かれて依存しやすくなっています。

何事にも安定志向の傾向のある誕生数4の人物は、好奇心旺盛な性質に憧れを抱くことが多いため、依存されやすくなっています。

誕生数4の依存の傾向

数秘術の占いでは受身の姿勢が多くなっている誕生数4の人物は、同じく受身になりがちな部分のある、誕生数2の人に依存しやすい傾向があります。

野心家な部分が強い誕生数3の人物から、素直な性質に安らぎを感じることで依存されやすくなっています。

誕生数5の依存の傾向

数秘術の占いにおいて自分のこだわりが強い誕生数5の人物は、自分の口数の少なさを上手に補ってくれる誕生数3の人物に依存しやすくなっています。

誕生数2の人物からは、自分の運勢を不思議と高めてくれる存在として依存されやすくなっています。

誕生数6の依存の傾向

数秘術の占いにおいて相手に合わせることが上手な誕生数6の人物は、自分をしっかり持っている誕生数5の人物に依存しやすくなっています。

誕生数4の人物は、自分の自信のなさを励ましてくれる部分に魅力を感じるため、依存されやすい傾向があります。

誕生数7の依存の傾向

数秘術の占いでは単独行動を好む傾向にある誕生数7の人ですが、器用に立ち回ることができる誕生数3の行動力に惹かれて依存する傾向があります。

誕生数1の人から見ると、自分と似た部分が多いことに加えて、一匹狼でもある点に魅力を感じるため、依存されやすくなっています。

誕生数8の依存の傾向

数秘術の占いで我が道を行くタイプの誕生数8の人は、ワガママを優しく受け止めてくれる誕生数9の人に依存しやすい傾向があります。

自分のやりたい方向に強引にでも物事を進めようとする誕生数1の人からは、ライバルのように思われて依存される傾向があります。

誕生数9の依存の傾向

数秘術の占いにおいて秘密主義なところがある誕生数9の人は、相手に別け隔てなく接することができる誕生数2の人に惹かれて依存しやすくなっています。

完璧主義な傾向がある誕生数6の人は、理想を追い求める一面を魅力に感じて依存されやすくなっています。

数秘術
数秘術

Related Entry

数秘術の占いで導く、自分に合った人間関係の築き方

数秘術で親子の相性を調べる方法

数秘術のイニシャル相性占いに必要なもの

数秘術の占いで分かる、誕生数ごとの仕事のやり方

【ライフナンバー】6と8の相性は?恋愛も仕事も徹底解説!

数秘術で分かる友達とのイニシャル相性鑑定