数秘術におけるライフパスナンバーの求め方

数秘術にてライフパスナンバーを導き出すことで、運命や人生の傾向を知ることができます。自分のライフパスナンバーとその意味を理解し、幸せな未来を手にしましょう。

数秘術とは

数秘術とは、生年月日や名前をある計算式を用いて一桁、あるいは二桁の数字に変換し、運命や特性、性格などを読み解く占いです。ヌメロロジーとも呼ばれ、星占いなどと並び、ヨーロッパやアメリカを中心に大変有名で人気のある占術です。

一説によれば、数秘術を編み出したのはピタゴラスだと言われています。人生や宿命を予言し、見事に言い当ててしまうこの驚くべき占いは、タロット占いや占星術とも結びつきながら発展し続け、現代においても多くの専門家によって研究が行われています。

幾千年に渡り伝えられてきた数秘術は、世界的な有名人や大富豪も愛用しているといいます。また、占い方が非常にシンプルでわかりやすいので、インターネットから情報を得て個人で楽しむ人も増えています。

ライフパスナンバーとは

ライフパスナンバーとは生年月日から割り出されるナンバーで、1~9、または11、22のいずれかになり、一生を通じて変わることはありません。運命数、軌道数と呼ばれることもあります。

ライフパスナンバーはその人が生まれつきどのような特徴を持っているのか、どのような人生を歩んでいくと予想されるのか、どのような仕事に向いているのかなどを知ることができるものです。

とはいえ、このナンバーだからこのように振る舞うべき、このような仕事に就くべきと決めつけるものではありません。自分らしく生きるためにはどうすればよいのか。道に迷ったときにはどの方向に歩むのがよいのか。ライフパスナンバーはあくまで人生の指針の一つであり、幸せな人生を送るためのヒントとなるものなのです。

ライフパスナンバーの求め方

ライフパスナンバーの求め方は簡単です。

生年月日(西暦)の数字をすべて足していき、最終的に一桁、あるいは11か22になるまで続けます。こうして導き出された数字がライフパスナンバーとなります。

(例1)1999年12月10日生まれの人の場合

1+9+9+9+1+2+1+0=32
3+2=5

この場合、ライフパスナンバーは5になります。

(例2)1995年3月2日生まれの人の場合

1+9+9+5+3+2=29
2+9=11

二桁ですが、11か22になった場合はそこで計算を終えます。(例2)の場合、ライフパスナンバーは11となります。11、22のぞろ目はマスターナンバーとも呼ばれ、大変強いエネルギーを秘めていると言われています。

また、極まれに33や44となる人もいますが、かなり少数のため採用されていません。この場合は二つの数を足し、33なら6に、44なら8として考えます。

それぞれのナンバーの意味

1:意志、統率力、独立、開拓、情熱
2:受容、繊細、神秘、調和、母性
3:楽観的、礼儀正しさ、社交的、遊び心、快活
4:現実的、真面目、努力、安定、信頼
5:多才、変化、適応、自由、機敏
6:愛、献身、誠実、芸術、家庭的
7:冷静、分析、知性、内省、精神
8:実現、大胆、権威、積極的、野心
9:完成、寛大、奉仕、情緒的、変容

大まかに分類すると、偶数ナンバーは女性的な性格で安定を求め、奇数ナンバーは男性的な性格で変化を好む傾向があります。ナンバー9はどちらの性質も併せ持っています。

数秘術
数秘術

Related Entry

数秘術の占いから分かる、恋愛における行動や考え方のパターン

数秘術で相性診断の参考になる、数字ごとの性格の短所について

数秘術占いと組み合わせて幸運を引き寄せる大吉数について

電卓ひとつで相性占いができる数秘術

数秘術を使って誕生日から占う誕生数7の特徴とは

ライフパスナンバーが6の人の性格と運勢