数秘術で親子の相性を調べる方法

数秘術で調べる親子の相性

血の繋がりはあるものの気の合わない親子というのは少なからず存在するのではないでしょうか。反対に友達のような親子や、一卵性双生児と言われるほどに仲の良い親子も存在しています。どうして親子の仲が良いのか、もしくは悪いのかを知りたいあなたに数秘術の相による鑑定をおすすめします。もしあなたが親子関係で悩んでいるのなら、生まれた時の変えようのない情報=生年月日を使った相性鑑定を試してみてはいかがでしょうか。

数秘相性数の調べ方

親子の相性を調べるには数秘相性数を使用します。まずは占いたい親子2人の西暦での生年月日を書き出し、ひとつひとつの数字に分けて合計を出してください。合計が2桁になった場合には、もう一度1桁になるまで足し続けます。合計が11、22、33などのゾロ目になった場合でも計算を止めずに足し続けましょう。

【例】1996年1月15日生まれと1970年12月13日生まれの親子の数秘相性数

1+9+9+6+1+1+5+1+9+7+0+1+2+1+3=56

5+6=11 1+1=2

この親子の数秘相性数は「2」となります。

数秘相性数で調べる親子の相性

親子の生年月日から算出した数秘相性数で2人の相性を見ていきましょう。数秘相性数ごとの鑑定結果から親子の関係性が見えてくるはずです。

数秘相性数1の親子の相性

相性○:子供は親を尊敬し、親は子供を信頼する良好な親子関係。この数字の子供はいつまでも親に頼らず自立心の強い子供に育ち、親も子供の自立を促します。

数秘相性数2の親子の相性

相性◎:共感できる親子関係。この親子はあれこれ言わなくてもお互いの考えていることが分かり、また考え方も似ています。とても良い親子関係といえるでしょう。

数秘相性数3の親子の相性

相性○:ほど良い親子関係です。社交的な性格の親の元で育つ子供はやはり人の輪の中にいるのが好き。この親子はいつもたくさんの人に囲まれています。

数秘相性数4の親子の相性

相性○:安定した親子関係です。リーダーシップの強いこの親子が協力し合うことで更に大きな目標を達成することができます。

数秘相性数5の親子の相性

相性△:あまり相性が良くない親子関係です。どうしても干渉しがちな親を持つ子供は反抗的な態度をとることもしばしば。子供の自由にさせることでこの問題は解決できます。

数秘相性数6の親子の相性

相性◎:信頼し合う関係。この親子は慈愛の精神を持っています。優しさにあふれた家庭で生まれる子供は自己肯定感を養い健やかに成長します。

数秘相性数7の親子の相性

相性○:ほどほどに相性が良い親子関係。真面目で誠実な相性数7の親は周囲からの信頼も厚く、この親の元に生まれた子供も誠実に育ちます。

数秘相性数8の親子の相性

相性△:高学歴で上昇志向が高い親子。状況によってはぶつかり合うこともある親子関係ですが、協力し合えば高い能力を発揮することができます。

数秘相性数9の親子の相性

相性◎:親は子供のことを思いやり、子供も親を尊敬するとても良い親子関係です。癒しを大切にするこの親子は安心できる家庭を持ちます。

数秘術で調べる親子の相性まとめ

親子の数秘相性数の調べ方や、数秘相性数ごとの親子の相性について紹介いたしました。親子関係で悩んだ時にはこの数秘術での結果を参考に、より良い親子関係を築いていただければと思います。

数秘術
数秘術

Related Entry

【ライフナンバー】4と6の相性は?恋愛も仕事も徹底解説!

数秘術で占う2017年下半期のラッキーな方角

【ライフナンバー】22の人同士の相性は?恋愛も仕事も徹底解説...

数秘術相性占いのナンバー5つの調べ方まとめ

名前から読み取る数秘姓名術の相性鑑定

数秘術を使って誕生日から占う誕生数9の特徴とは