数秘術で把握できる仕事の部下の特徴と相性の高め方

数秘術によって仕事における部下の誕生数を導き出すことで、部下の特徴や相性の高め方を知ることができます。

誕生数1の部下の傾向と相性

数秘術で導き出される数字が1の部下は、優柔不断な部分が強く、責任を持つことが得意ではないという性質があります。

この数字の部下の相性を良くする方法は、あえてグループのまとめ役などを任せることで、少しずつ決断力を身に着けさせることです。

誕生数2の部下の傾向と相性

数秘術が2の数字の部下は、飽きっぽいところがあります。根気が足りない部分が多く、同じことの繰り返しが得意ではありません。

この数字の部下の相性を高める方法は、毎日の日課となるような課題や作業を長期間与えることです。ルーティンワークに慣れさせることで、粘り強さが身に付きます。

誕生数3の部下の傾向と相性

数秘術が3の数字を示す部下は、真面目で一本気な性格ですが、想定外のことが起こった場合に混乱しがちな傾向があります。

この数字の部下との相性を引き出すためには、タイミングを見計らって突発的な課題を与えることを繰り返すことで、突然の出来事に少しずつ慣れさせることが大切です。

誕生数4の部下の傾向と相性

数秘術で4の数字を持っている部下は、理想が高い完璧主義者としての面が強くなっています。仕事の全てをきちんとこなそうとしますが、能力などが追いつかずに自滅する場合もよくあります。

この数字の部下の相性を良くするためには、勉強熱心な面を成長させることです。達成できそうな課題を少しずつ与えていくことで、能力を無理なく向上させることができます。

誕生数5の部下の傾向と相性

数秘術で5の数字を特性とする部下は、後先を考えずに行動してしまう傾向があります。一旦動き出すと周囲が見えなくなり、1人で暴走してしまいがちです。

この数字の部下との相性の高め方は、持ち前の行動力を効率よく活用するために、やるべきことをあらかじめ決めて提示しておくことです。

誕生数6の部下の傾向と相性

数秘術で6の数字を有する部下の特徴は、おせっかいな面が強いことです。頼まれてもいないのに他者に干渉しすぎることで、相手の反感を買ってしまう場合が多くなっています。

この数字の部下の相性を高めるには、世話好きな部分を長所として活用することです。誰が何について悩んでいるかを教えてあげることで、力を引き出すことができます。

誕生数7の部下の傾向と相性

数秘術で7の数字を有している部下は、自分の考えが絶対的に正しいと考えがちな傾向があります。他人にもその正しさを押し付けようとするので、他の部下との間でトラブルになりがちです。

この数字の部下の相性を高めるためには、道理から外れたことを好まない傾向を上手に活かすことです。主観を超えた正しさに導くことで、仕事に対する熱意が大きくなります。

誕生数8の部下の傾向と相性

数秘術で8の数字を持つ部下の特徴は、プライドがとても高いことです。仕事の上では失敗を極端に恐れる傾向があります。失敗を隠しがちで、他の人が気付かないうちに事態が悪化していく場合もあります。

この数字の部下との相性を大切にするためには、普段から失敗を恐れない心を身に着けさせることです。段階的に仕事の難易度を上げていくことで、自信がつきやすくなります。

誕生数9の部下の傾向と相性

数秘術で9の数字を持っている部下は、他人の忠告を受け入れることを非常に嫌う傾向があります。自分の方法を頑固に続けることで、大きなミスにつながる場合もあります。

この数字の部下との相性を高めるには、言葉でアドバイスをすると反感を買いやすくなるため、仕事の指示という形でさりげなく正しい方向に誘導するのがコツになります。

数秘術
数秘術

Related Entry

数秘術の誕生数から未来を占う、秋の時期における運命の流れにつ...

数秘術の誕生数から分かる相性の良い年の差について

【ライフナンバー】7と9の相性は?恋愛も仕事も徹底解説!

ライフナンバーが4と22の恋愛や仕事の相性は?

数秘術を使って誕生日から占う誕生数6の特徴とは

数秘術の占いでわかる、未来の自分を映し出す未来数について