数秘術から導き出す自分と相性の良い友人としての人間関係

誕生数1の人間関係の相性

誕生数1の人に相性の良い人間関係は、誕生数が6の人物になります。両者共に社交性があって、旅行やショッピングなど、相手と一緒に多くの事柄を楽しむことができます。
数秘術で1の数字の人は自分が先頭に立って様々なことを決定することを好みますが、それに対して6の数字の人物は優しく見守るという形をとることができます。

誕生数2の人間関係の相性

誕生数として2を持つ人と相性の良い人間関係としては、誕生数4の人物との関係です。数秘術で2の数字の人は他人に自分の考えを伝えることが得意ではありませんが、4の数字の人は気持ちを察することができるため、相性が良くなります。
また、お互いに努力することを好むため、友人として高め合うような関係を作ることができます。

誕生数3の人間関係の相性

誕生数3の人にとって数秘術での良い人間関係は、誕生数が6の人物になります。3の数字の人はとても正義感が強いところがあり、正々堂々とした態度を好む6の数字と相性が良くなっています。
6の数字の人物は相手を立てることが得意なので、少し目立ちたがり屋な部分のある3の人にとって心地よい関係になります。

誕生数4の人間関係の相性

誕生数4の人と数秘術において相性の良い人間関係は、誕生数2の人物です。4の数字の人はしっかりした意見や考えを持っており、それにきちんと耳を傾けてくれる2の人とは良い友人になれます。
また、互いに考え方や価値観が似ている部分が多いため、お互いの気持を尊重しながら関係を続けていくことができます。

誕生数5の人間関係の相性

誕生数5の人が相性が良い人間関係は、数秘術においては8の同性の人になります。5の数字を持つ人物は独断専行なところがあり、孤立することが多いため、8の人の協調性が大きな助けになります。
8の人物にとっては、5の数字の人は運気を高めるための助けになるという特徴があります。

誕生数6の人間関係の相性

誕生数6の人にとって相性が良い人間関係は、数秘術で2の数字の人物になります。性格がなんとなく似ている部分が多いことで、言わなくても分かることが多いためです。
お互いに相手を傷つけるようなことは避けるため、喧嘩のない友人関係を続けることができます。

誕生数7の人間関係の相性

誕生数7の人にとって相性の良い人間関係は、誕生数が5の人物になります。どちらもマイペースなところがあるので、相手の欠点をお互いに気にすることなくのんびり過ごすことができます。
自分と相手のプライバシーの両方をきちんと尊重することができるため、大きな喧嘩をすることがほとんどなく、平和な友人関係を楽しむことができます。

誕生数8の人間関係の相性

誕生数8の数において相性が良い人間関係としては、誕生数4の異性です。数秘術での2人の友人関係としては、動くことを好む8と静けさを保つ4という形になります。
お互いの行動力と冷静さを上手に発揮して、フォローしあう関係を構築することができれば、長年の有人として良い関係を形成することができます。

誕生数9の人間関係の相性

誕生数9の人間関係で相性が良いのは、誕生数7の人物です。相手に気を遣うことがお互いに得意なため、衝突やトラブルが少なくなります。
相手の意向を気にするために本音は少し出しにくくなりますが、適度な距離感を自然に取ることができるので、友人としては適しています。

数秘術
数秘術

Related Entry

数秘術の占いによって導けるオススメのペットについて

電卓ひとつで相性占いができる数秘術

数秘術の占いで実行したい、誕生数ごとのオススメのダイエット法

NO IMAGE

【ライフナンバー】4と8の相性は?恋愛も仕事も徹底解説!

恋愛の相性を占うマインドナンバー数秘術

ディスティニーナンバーが1の人の性格と運勢