【ライフナンバー】9と11の相性は?恋愛も仕事も徹底解説!

ライフナンバー9と11の人の相性

感受性が強く、優しい9の人と、行動力があり、洞察力がある11の人の組み合わせです。「優しい」という部分では共通しますが、相手の行動を見てから自分も動くタイプで心が読めるので、腹の探り合いになってしまい、あまりいい関係は築けません。

9の人の基本性格

9の人はリアルタイムで関わっている人によって性格が変わってくるので、長くつきあっていればいるほど本当の性格が見えてこないものですが、基本的には

・豊かな感受性
・優しい性格
・相手の立場を考えられる

これらの特徴を兼ね備えています。

恋愛では惚れにくく冷めにくいタイプで、本当に自分が気に入った人とゆっくり愛を育んでいきます。

結婚願望はありますが、9の人ならではの繊細さや理想の高さを理解できる人が現れるまで待ったほうがよさそうです。

仕事は世のため、人のためになる仕事や神秘性のある仕事に向き、金運はスピリチュアル的なものに救われる運命を持っています。

11の人の基本性格

ライフナンバー・数秘術で「11」は「マスターナンバー」と呼ばれ、その数字の特性が人生に大きく影響します。

・行動力がある
・洞察力が高い
・人がやっていないことをやろうとする

この特性を持っており、恋愛に対する積極性は普通ですが、一人では生きていけないタイプなので、さまざまな人と気軽につきあうことで人生全体の運気を上げられます。

結婚はいろいろな人と交際するうちに、最終的に理想の相手と出会えるので、のんびり婚活をしましょう。

9と11の基本の相性

あまりよくなく、9の人と11の人では腹の探り合いになってしまいます。
2人とも相手の動きを見てから自分がどうするかを決め、相手の心を読めるタイプなので、このような関係になります。

それに加え、9の人はわざわざ心を読まなくても気軽に付き合える人が好きですが、11の人は言葉の裏を読まないといけないので、不信感が溜まって疲れてしまいます。

9と11の仕事の相性

あまりよくはなく、いくら仕事とはいえ腹の探り合いは疲れるだけです。
2人とも論理的に考えられるので、プロジェクトなどで一緒になっているときは普通に振る舞いますが、プロジェクトが終了したなどで離れたら連絡を取らなくなるでしょう。

9と11の恋愛の相性

悪く、腹の探り合いでは落ち着こうにも落ち着けません。仮に飲み会の罰ゲームなどのノリでつきあったとしてもすぐに別れるでしょう。

9と11の相性のポイント

自分から行動するようにしましょう。この2人の場合、相手の行動を待っていても心の底の読み愛になってしまって疲れるだけですし、人間関係全般が改善されます。

11の人は意味深に意味深を重ねる言い方をやめ、少なくとも9の人の前だけではストレートな物言いをするよう心がけましょう。

仲良くなるためには

9の人、11の人ともに話しかけられます。
ただ、話せば話すほど心の読み愛になってしまうので、11の人は正直に話すことを心がけましょう。知り合いから友人になるだけではなく、友人から親友になるときも自己開示による信頼性の獲得は大切なことです。

恋愛関係に発展させるためには

9の人、11の人ともにアプローチできますが、9の人はあまり人を好きにならないので、11の人からアプローチしたほうが手っ取り早いです。

数秘術
数秘術

Related Entry

数秘術占いで気になる男性の性格を詳しく鑑定

相性占いと基本性格

2017年下半期の数秘術占い

数秘術でカップルの相性を占う簡単な方法

数秘術によるライフナンバーで読み解く恋愛と相性

【ライフナンバー】4と6の相性は?恋愛も仕事も徹底解説!

数秘術でみる相性の良いパワースポット