マスターナンバーと生年月日で恋愛傾向を占う相性数秘術

数秘術占いとゾロ目の数字

誕生日から割り出す1~9の数字と、11、22、33の数字でその人の特徴や運勢が分かる数秘術占い。あらゆる人や物事はこれらの数字と関連付けられている、と言うのが数秘術占いでの考え方です。この12個の数字はそれぞれの意味を持っていますが、ここでは特に11、22、33のゾロ目の数の意味についてまとめてみました。

ゾロ目の数字はマスターナンバー

数秘術占いでは普通、誕生日を合計して1桁のライフナンバーを割り出しますが、計算中に2桁のゾロ目が出た時はそこで計算をストップします。この時11、22、33のゾロ目である場合にはそれがそのままその人のライフナンバーとなります。

このゾロ目のライフナンバー11、22、33を「マスターナンバー」と言います。

ライフナンバーを調べよう

ライフナンバーは西暦の生年月日の数字を分解し合計していくことで算出できます。前の項でも説明したように、合計が2桁になった時は一旦計算を止め、11、22、33である場合はそこで終わりです。44以上のゾロ目やそれ以外の数字の場合はもう一度分解して1桁になるまで足し続けましょう。

【例1】1993年8月10日生まれ

1+9+9+3+8+1+0=31 3+1=4

ライフナンバーは「4」

【例2】1987年12月5日生まれ

1+9+8+7+1+2+5=33

ライフナンバーは「33」

例2のように11、22、33のいずれかのライフナンバーがマスターナンバーと呼ばれるものです。それではこの3種類のマスターナンバーの意味を見ていきましょう。

マスターナンバー11の意味

マスターナンバー11の数字を持つ人は、才能が開花していなければ1+1=2であり「2」のライフナンバーと同じ性質となります。

マスターナンバー11の人は直感が鋭く、スピリチュアル世界からのメッセージを受信するアンテナの役割を持つ人。また何も言わなくても相手の考えていることが分かる能力があります。

思いやりがあり人間関係を大切にするタイプ。ですが相手から嫌われていればそれも瞬時に察知してしまうため、傷つきやすいという傾向があります。

マスターナンバー22の意味

マスターナンバー22の数字を持つ人は、才能が開花していなければ2+2=4であり「4」のライフナンバーと同じ性質となります。

マスターナンバー22の人は夢を具現化する能力が高い人。分析力に優れていて、強い意志と努力で自分のやりたいことを全て叶えることができる人です。

高い能力を持っているので自分より出来ない人を下に見てしまう面があるのが難点。利己的な部分を克服し周囲と協調して動くことが開運の鍵になります。

マスターナンバー33の意味

マスターナンバー33の数字を持つ人は、才能が開花していなければ3+3=6であり「6」のライフナンバーと同じ性質となります。

マスターナンバー33の人はスター性やカリスマ性がある人。芸術性に優れていてこの分野で人を喜ばせることができる人です。また自分だけでなく他人にも優しく出来るタイプ。

この才能が悪い方向に作用すると、自分中心で空気が読めない発言や行動をしてしまったり、妄想と現実の区別がつかず周りからうそつきだと認識されてしまいます。

マスターナンバーを持つ人は特別な存在?

11、22、33のマスターナンバーをライフナンバーに持つ人は、他の1~9のライフナンバーを持つ人より優れているのか?という疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。答えは「そうとも言えるし、そうでないとも言える」です。

これらのマスターナンバーを持つ人で本来の才能が開花している人はごく一部。また開花していても良い方向に作用すればよいのですが、悪い方向に作用してしまう人もいます。もしあなたがマスターナンバーをライフナンバーに持っているとしたら、本来の自分の才能や役割を思い出すことが運勢を切り開く鍵になると言えるでしょう。

数秘術について

数秘術は古代より続く最強と言われる占術です。数秘術の父とされるピタゴラスの「万物の根源は数なり」の言葉通り「世界のあらゆるものは数字に関連付けられている」というのが数秘術による考え方となります。

数秘術で使用するナンバーは生年月日から算出する『誕生数(ライフナンバー)』や『相性数』『ソウルナンバー』、姓名から算出する『姓名数』、ファーストネームのイニシャルから算出する『イニシャル数』などがあります。

生年月日で恋愛傾向と相性をひも解く数秘術

数秘術において、その人の生まれた時の情報である生年月日はとても重要な情報となります。結婚して名字が変わることがあっても、その人の生年月日は変わることはありません。生年月日こそがその人の性格や運勢、恋愛傾向や相性を知るのに必要不可欠なものなのです。ここではこの生年月日から誕生数を割り出す方法や、誕生数ごとの恋愛傾向と相性の良い誕生数の人について紹介させていただきます。

生年月日から割り出す誕生数

誕生数は西暦の生年月日の数字を足していくことで算出できます。計算途中で2桁のゾロ目が出たら一度計算をストップしてください。11、22、33である場合には11=1、22=2、33=3がその人誕生数となります。44以上のゾロ目やその他の2桁の数字は1桁の数字になるまで足し続けてください。

誕生数1の人の恋愛の傾向と相性

【恋愛の傾向】ベタベタした関係は好まず、依存し合わない関係を好む。パートナーとの協力は苦手。

【相性◎】誕生数5、6

誕生数2の人の恋愛の傾向と相性

【恋愛の傾向】相手に共感できる人。人との距離感をとるのが上手い。優しくて思いやりがある。

【相性◎】誕生数2、4

誕生数3の人の恋愛の傾向と相性

【恋愛の傾向】明るくて快活だが、空気が読めないので相手の気持ちを察することができない。

【相性◎】誕生数8、9

誕生数4の人の恋愛の傾向と相性

【恋愛の傾向】移り気で決断力に欠ける人。空気を読むので相手に合わせることができる。

【相性◎】誕生数2、6

誕生数5の人の恋愛の傾向と相性

【恋愛の傾向】人を惹きつける魔性のモテ体質。変化と自由を好むので束縛されるのは苦手。

【相性◎】誕生数1、3

誕生数6の人の恋愛の傾向と相性

【恋愛の傾向】相手に合わせ過ぎてストレスがたまるタイプ。6の人はもっと自分を優先するべき。

【相性◎】誕生数1、4、8

誕生数7の人の恋愛の傾向と相性

【恋愛の傾向】静かな環境を好む。知的でクールなので近寄りがたいが一度仲良くなればフランクになる。

【相性◎】誕生数4、9

誕生数8の人の恋愛の傾向と相性

【恋愛の傾向】エネルギッシュなタイプ。恋愛面でも強引なところがあり相手から惹かれることもしばしば。

【相性◎】誕生数3、6

誕生数9の人の恋愛の傾向と相性

【恋愛の傾向】平和主義者で博愛主義者。いたわりと感謝を忘れない愛情あふれる人。誰に対しても優しくできる。

【相性◎】誕生数3、7

生年月日は重要な情報

生年月日から誕生数を割り出す方法や、誕生数ごとの恋愛傾向と相性の良い誕生数の人について紹介させていただきました。数秘術において生年月日はとても重要な情報となります。生年月日から割り出す誕生数は、数秘術では基本のナンバーとなります。いつでも簡単に占えるよう、ご自身や身近な人の誕生数を覚えておいていただければと思います。

数秘術
数秘術

Related Entry

【ライフナンバー】1と5の相性は?恋愛も仕事も徹底解説!

【ライフナンバー】2と5の相性は?恋愛も仕事も徹底解説!

【ライフナンバー】3と6の相性は?恋愛も仕事も徹底解説!

【ライフナンバー】3と8の相性は?恋愛も仕事も徹底解説!

【ライフナンバー】3と22の相性は?恋愛も仕事も徹底解説!

【ライフナンバー】3と9の相性は?恋愛も仕事も徹底解説!